はげ予防・改善したいならコレ!最終兵器ミノタブとは?

世の中には数多のはげ予防がありますよね。

しかし、「もう俺は予防というレベルじゃねーんだよ!」という方も多いかと思います。

確かに予防をすれば侵攻を食い止められるかもしれません。

ですが、現状維持レベルですから満足はできないでしょう。

では、「スッカスッカの状態から回復させたい!」そんな場合どうすればいいんでしょうか?

はげを予防じゃなく改善するなら

数多ある育毛方法のなかで最強といわれるのが、『ミノキシジルダブレット(ミノタブ)』といものです。

これは例えるなら、飲むリアップ。

リアップやロゲインなどの発毛剤に使用されている、ミノキシジルを内服する薬なんですね。

内服することで塗布以上の効果が期待でき、一部の薄毛クリニックでは採用され始めています。

ミノキシジルタブレットの効果

では、なぜミノタブを飲むことで髪の毛が生えてくるのでしょうか?

ミノキシジルという成分は、もともと高血圧患者の血管拡張剤として使われていたものです。

ですから、服用することで血管を拡張する働きがあります。そうすると血流がよくなり、髪に栄養が届きやすくなるんですね。

その結果、髪の毛の成長が促進されるわけです。

また、最近の研究では毛包という毛を産生する器官にも作用し、発毛を促してくれるのではという報告もあります。

ミノタブが最終兵器と呼ばれる理由

これだけ聞くとすぐにでも試してみたくなりますよね。

でも、ちょっと待った!

ミノタブは巷では、最終兵器とも呼ばれ劇薬扱いなんです。

その理由は副作用が多く報告されているから。

おもに以下のような副作用が報告されています。

  • 体毛が濃くなる
  • 低血圧
  • 初期脱毛
  • 動悸
  • めまい
  • 倦怠感

とくに多いのが体毛が濃くなるという副作用。

先ほどもいいましたが、ミノキシジルは血管を拡張させ、血流をよくし、髪に栄養を届けて成長を促すものです。

ですが、このミノキシジルはもともと髪の毛を生やす薬ではありません。

その効果は髪以外の体毛にも作用してしまうんですね。

結果、体毛が濃くなってしまうというわけです。

その他にも、さまざまな副作用を感じている方が多くいるようなので、使用するのは最終手段にするほうが良いでしょう。

まとめ

現在、数ある育毛法のなかでも、ミノキシジルタブレットは最強といわれています。

実際に使用した方のほとんどが発毛を実感しているようです。

ただし、副作用も多く報告されているのも事実。

使用するのは最終手段。

「巷のはげ予防じゃ満足できなかった・・・・・・。どうしても改善したい!」という方のみにおすすめします。

コメントを残す